ソフトバンクから格安スマホに乗換える場合ソフトバンク回線を利用しよう

ソフトバンクで1番料金の安いプランでも、格安スマホの倍以上の料金がかかってしまいます。
格安スマホへの乗り換えを考えている人もいるかもしれませんが、その際にオススメしたいのがソフトバンク回線を利用出来る格安スマホです。

ソフトバンクと言えば、大手携帯会社であり、スマホの料金は高いというイメージがありますよね。
1番安いプランでも月額4900円なのでまだ高いと感じる人は多いでしょう。
ではソフトバンクから格安スマホに乗り換えたら、どれだけ料金がお得になるのか紹介します。

ソフトバンクから格安スマホに乗換える

まず現時点でソフトバンクで最も安いスマホの料金プランの内訳は、基本プランスマホ放題ライトで1700円、データ定額パックで2900円、S!ベーシックパックで300円の合計4900円となっています。
大手携帯会社のスマホの料金相場は7000円ですから、従来の料金と比べて確かに安くなっています。

ですがスマホ料金が月額4900円という金額は、格安スマホを比較した際に決して安いとは言えないでしょう。
ちなみに同じパケット容量と通話料で格安スマホのプランを申込んだ場合の料金プランの内訳も紹介します。

3.1GBプランが1600円、5分かけ放題オプションが850円の合計2450円となっています。
つまりソフトバンクと格安スマホでは、月額料金が半額以下になるという結果になりました。
そう考えると、多少乗り換えの手続きに手間がかかったとしても、スマホから格安スマホに乗換えた方がお得だという事が分かります。

格安スマホでソフトバンク回線を利用しよう

ただやはり大手携帯会社の回線の方が、格安スマホの回線よりも速いし安定しているためサービスの質が違う。
そんなふうに格安スマホへの乗り換えに二の足を踏んでいる人もいるでしょう。
そんな人にオススメしたいのが、ソフトバンクの回線が利用できる格安スマホの存在です。

例えば日本通信がサービスを提供しているビーモバイルは、ソフトバンクの回線を格安SIMが利用しています。
そのためソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除せずに利用する事が可能になりました。
なのでソフトバンクから格安スマホ・ビーモバイルに乗換える場合は、同じソフトバンク回線でSIMロック解除も必要ないため、乗り換えが非常にスムーズだと言えます。

関連記事